ジャケット写真

高阪 剛
TK式格闘学会 実践編 DVD-BOX

商品番号 SPD-3634
収録時間 3枚組405分
価格 ¥16,200(本体価格¥15,000)
カラー カラー
音声 STEREO
字幕  
リージョン ALL
ディスク種類 片面1層
POS コード 4941125636346
ISBN コード ISBN978-4-86308-662-3 C2875 Y15000E
発売日 2016.04.20
VHS作品の有無  
内容 試合を有利に運ぶコツは技ではなくそのつなぎの中にある
実戦の中に隠された技の真実を高阪剛が徹底解明!

実戦では様々な技が独立して使われることはなく、次々と新しい局面が訪れる。ひとつの技から次の技への移行。相手の技に対する防御と反撃。様々な選択肢の中から、自分が有利な体勢を取り、KOもしくは一本というフィニッシュへと、技を繋げていくことが必要である。 実戦の中では、どのような攻防が行われているのか?フィニッシュへ結びつくまでには、どのような伏線があったのか?単純な技の解説だけでは理解できない、隠れたテクニックの数々を、高阪剛が明らかにする。DVD3作品をお買い得なBOXにセットして新発売。
収録内容

vol.1
[テイクダウン]
タックル
 両足タックル
  相四つ
  ケンカ四つ
 片足タックル
  相四つ
  ケンカ四つ
タックル連続技
 両足タックル→片足タックル
 ケンカ四つ片足タックル→抱え上げて投げ落とす
 相四つ片足タックル→両足タックル
タックルを防がれた時の対処法
 四つん這いになった場合
 片方の脇を差された場合
  小外掛け
  骨盤崩し→再タックル
  体を開いてがぶる
 両脇を差された場合
[ポジショニング]
パスガード
 両足タックル→かみつきパスガード
 両足タックル→ジャンプしてパスガード
 片足タックル→担ぎパスガード
[フィニッシュ]
サイドポジションからの攻撃
 脇をしぼられた場合→マウントポジション→腕ひしぎ十字固め
 脇を差されそうになった場合→アームロック→腕ひしぎ十字固め
 顔を押された場合→V1アームロック→腕ひしぎ十字固め
マウントポジションからの攻撃
 腕をクロスしてガードされた場合→腕ひしぎ十字固め→三角絞め
 胴に抱きつかれた場合
  アームロック
  オモプラッタ
  腕ひしぎ十字固め
ガードポジションからの攻撃
 腕ひしぎ十字固めからの連携
  オモプラッタ
  三角絞め
 三角絞めからの連携
  オモプラッタ
  腕ひしぎ十字固め
 オモプラッタからの連携 三角絞め
 腕十字/三角絞め/オモプラッタの連携例
[トレーニング]
シャドータックル
腰切り
もぐり回転
腰上げ
ポジションチェンジ
打ち込み
 サイドポジション→マウント→腕ひしぎ十字固め
 サイドポジション→腕ひしぎ十字固め
 腕十字/三角絞め/オモプラッタの連携

vol.2
[タックルへのカウンター]
 相四つ両足タックル→フロントチョーク
 ケンカ四つ両足タックル→スリーパーホールド
 相四つ片足タックル→フロントチョーク
 低空の相四つ片足タックル→スリーパーホールド
 ケンカ四つ片足タックル→フェイスロックorスリーパーホールド
 低空のケンカ四つ片足タックル→横三角絞め
[がぶり]
 スピニング・チョーク
 スピニング・トゥー・ホールド
[バックサイドポジション]
 抑え込みへ移行
 腕をとりにいってから→腕ひしぎ十字固め
           →アームロック
           →サイドポジション
           →腹固め/スリーパー・ホールド
 腕がとれない場合→フェイスロック
         →スリーパーホールド
         →横三角絞め
[ガードポジション]
 起き上がり
 アームドラッグ
 ヒップスロー
[ハーフガード]
 脇差し
 もぐり
[トレーニング]
 バービー
 起き上がり反復
 ヒップスロー反復

vol.3
[パンチからタックルへの連携]
 ジャブ→タックル
 ワンツー→タックル
 オーバーハンド→タックル
 アッパー→タックル
[タックルから打撃への連携]
 タックル→ストレート
 タックル→フック
 タックル→膝蹴り
 タックル→クリンチアッパー
[技を3つ以上連携]
 ワンツー→タックル→ストレート
 タックル→オーバーハンド→タックル
 タックル→膝蹴り→タックル
 タックル→クリンチアッパー→タックル
[カウンター]
 ストレートにあわせるカウンター→タックル
 組み合った状態で膝蹴りに対するカウンター→小外刈り
 タックルにあわせるカウンター(ボタンなし)
  1)膝蹴り
  2)アッパー
  3)首相撲からの膝蹴り
 ガードポジションからの起き上がり(ボタンなし)
  1)タックル
  2)パンチ
  3)がぶり
[打撃を使った寝技の連携]
 インサイドガード(ボタンなし)
  1)パウンド→パスガード
  2)足関節→パウンド
 ガードポジション パウンド→脇くぐり
 ハーフガード 足への肘打ち→パスガード
 サイドポジション 鉄槌→V1アームロック
 マウントポジション
 バックサイドポジション
[トレーニング]
 サンドバッグ
 ミット
 パウンド

出演  
Copyright 2000-2014 QUEST Co.,Ltd. All rights reserved.